スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長がEMBAに行くメリット

ビジネススクールやMBAというのは、社長になりたいと思う人が行くところだと考えられています。
確かにフルタイムのプログラムではクラスメートに社長の跡取りはいても
すでに数百人の企業を経営する現役の社長なんていう人はなかなかいないのではないかと思います。
(そもそもそんな人、年齢は置いといて、2年間フルタイムに通うのは難しいですよね。)

しかし、EMBAになってくるとクラスに数人(若しくは数%)の割合で創業社長が通っています。
それもアジアの場合ですと数百人規模の会社を経営している現役社長が通っていたりします。
現に、自分が通っていたChicago BoothのEMBAプログラム、シンガポールキャンパス(現在は、香港キャンパス)にも、
クラスメートの中に実際に現役社長が数人いました。
会社をトップとして経営しながら、さらに学校に通い勉強する、そこにはどんなメリットがあるのでしょうか?

実際に創業社長で、物凄く忙しい中にもかかわらず、EMBAに通い勉強された方がおっしゃるには、
EMBAには大きく2つのメリットがあったようです。
1つは、勉強で得た知識を使って納得しながら事業を進めることができるという点だそうです。
実際に事業を行う中で、MBAで学ぶ大枠の様々なフレームワークは役立つことが多いとのことでした。
そして、2つ目はネットワークだったようです。例えば、自分の事業を新しい国に展開しようとしたとき、
クラスがDiversityに富んでいたため、クラスメートに相談したり、
場合によってはクラスメートを採用したりなんてことも将来的にありえるかもしれないとのことでした。

更に他の社長にもEMBAに通ったメリットを聞いたところ、最初の方と殆ど同じ意見に加え
社長は、社内で意外と孤独なので社外の色んな意見が欲しくなるときがある、
そんな時に、MBAで一緒に学んだクラスメートや卒業生などの意見が役に立つことがある。
や、その他にMBAでの学びから新規事業のアイディアをつかみ取ることができたとのことでした。

会社員として勤務しながらEMBAに通うのも相当ハードですが、
社長として会社を経営しながらEMBAに通うのは更にハードなのは間違いありません。
EMBAにはこのような意識の高い実際の経営者が通っている事もあります。

EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。