FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長がEMBAに行くメリット

ビジネススクールやMBAというのは、社長になりたいと思う人が行くところだと考えられています。
確かにフルタイムのプログラムではクラスメートに社長の跡取りはいても
すでに数百人の企業を経営する現役の社長なんていう人はなかなかいないのではないかと思います。
(そもそもそんな人、年齢は置いといて、2年間フルタイムに通うのは難しいですよね。)

しかし、EMBAになってくるとクラスに数人(若しくは数%)の割合で創業社長が通っています。
それもアジアの場合ですと数百人規模の会社を経営している現役社長が通っていたりします。
現に、自分が通っていたChicago BoothのEMBAプログラム、シンガポールキャンパス(現在は、香港キャンパス)にも、
クラスメートの中に実際に現役社長が数人いました。
会社をトップとして経営しながら、さらに学校に通い勉強する、そこにはどんなメリットがあるのでしょうか?

実際に創業社長で、物凄く忙しい中にもかかわらず、EMBAに通い勉強された方がおっしゃるには、
EMBAには大きく2つのメリットがあったようです。
1つは、勉強で得た知識を使って納得しながら事業を進めることができるという点だそうです。
実際に事業を行う中で、MBAで学ぶ大枠の様々なフレームワークは役立つことが多いとのことでした。
そして、2つ目はネットワークだったようです。例えば、自分の事業を新しい国に展開しようとしたとき、
クラスがDiversityに富んでいたため、クラスメートに相談したり、
場合によってはクラスメートを採用したりなんてことも将来的にありえるかもしれないとのことでした。

更に他の社長にもEMBAに通ったメリットを聞いたところ、最初の方と殆ど同じ意見に加え
社長は、社内で意外と孤独なので社外の色んな意見が欲しくなるときがある、
そんな時に、MBAで一緒に学んだクラスメートや卒業生などの意見が役に立つことがある。
や、その他にMBAでの学びから新規事業のアイディアをつかみ取ることができたとのことでした。

会社員として勤務しながらEMBAに通うのも相当ハードですが、
社長として会社を経営しながらEMBAに通うのは更にハードなのは間違いありません。
EMBAにはこのような意識の高い実際の経営者が通っている事もあります。

EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港
スポンサーサイト

EMBA紹介⑪ London Business School Executive MBA

London Business School Executive MBA
(言わずと知れたUKのトップ校、London Business SchoolがオファーするエグゼクティブMBAプログラム )

LBS logo

URL: https://www.london.edu/education-and-development/masters-courses/executive-mba#.VWSUpjqJiT8

プログラム開始時期: 6月か11月
期間: 20か月間。(→詳しいスケジュールは、こちらを参照
通学フォーマット: ロンドンキャンパスは、隔週の金土が対面授業。ドバイキャンパスは、1ヶ月に1回、火曜日から金曜日までの連続対面授業のフォーマットとなっている。
キャンパス: 最初の1年目、Core Courseは、ロンドンキャンパス、若しくはドバイキャンパスで行われる。2年目のElectiveフォーマットになると、住んでる地域によってフレキシブルにロンドンビジネススクールがジョイント等で提供するプログラムの授業を受けたりすることが可能。
1クラスのサイズ: 約50-80人(2014年はロンドンキャンパス80人、ドバイキャンパス51人であった)
学生の平均就業年数: 11年~12年
在籍学生の国籍数: 平均24か国
男女比率: 8:2
卒業後に取得できる学位: London Business Schoolからフルタイムと全く同じMaster of Business Administrationの学位が授与されます。
学費: ロンドンキャンパスは、£64,500。ドバイキャンパスは、US💲100,200となっています。学費には、授業料、授業で使うテキスト、International Assignmentの費用、ロンドンで行われる3回のCore Module時のホテル代等が含まれています。
受験に関して: オンラインシステムでアプライすると同時に、学部時代の卒業証書、成績、GMATスコア、TOEFLスコア、£160の支払等が必要です。Referenceは2通必要となっています。全ての書類を提出後、インタビューが卒業生、若しくはアドミッションオフィサーと行われます。アプリケーションプロセスは、6週間から8週間程度とのことです。

特徴: ヨーロッパではナンバーワンとも評されるLondon Business School。このEMBAプログラムでは、働きながらワールドクラスのMBAの学位を取得できるとあって非常に注目度の高いプログラム。日本から通うとなると、ブロックウィークで授業が行われるドバイキャンパスが現実的だろう。ロンドンに住んでいる方、駐在中の方にはロンドンキャンパスへのコミットメントが隔週の金土となるため、比較的通いやすいのではないだろうか。最初の1年目は、ロンドン、ドバイ両キャンパスともCoreプログラムということで、それぞれのキャンパスに通う必要があるが、2年目からはElectiveとなり、ロンドンビジネススクールがジョイント等で提供するプログラムの授業を受け単位を取得することも可能。例えば、日本から通っている方なら、EMBA Global ASIAの授業を選択すれば香港で授業を受けることも可能であり通学時間と費用がセーブできる。このようにElectiveでは、忙しいエグゼクティブのニーズを満たしつつ現実的に通えるようなプログラム構成となっている。FTランキングでは、25位とジョイントプログラムよりは比較的下の方にあるが、どちらかというとこのプログラムに関しては、フルタイムと全く同じ学位が取得できることからLondon Business Schoolのフルタイムランキングを参考にすべきだろう。ちなみに、2015年FTのフルタイムランキングではWhartonやStanfordを抑えて2位となっている。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港
         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。