FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMBA出願コンサルティング・(無料)個別相談

EMBA出願コンサルティングの無料個別相談会ですが今回は受付を締め切りました。今回とは別にEMBA出願に関してお問い合わせがある方はお気軽にメールをお送りください。

対象者:
EMBAをご検討されている社会人の方

内容:
2015年度または2016年度のEMBA留学に関するご相談・コンサルティング内容のご説明

担当コンサルタント:
高田力(日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド運営)

開催場所:
対面の場合はセルリアンタワー東急ホテルにて。(→地図
Skypeや電話の場合は、ご自宅やオフィスなどご都合の良い場所からご参加いただけます。

参加費用:
無料

特記事項:
ご希望の場合には、レジュメおよびキャリアゴールのエッセイを事前にご送付いただくことも可能です。相談開始時までに拝読いたします。メールアドレス →(embaguide@gmail.com)



Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港
スポンサーサイト

何故、海外トップスクールのEMBAなのか?

日本でも慶應大学や名古屋商科大学などでEMBAプログラムが提供されており、今は国内でもEMBAプログラムに通うことは可能です。今後日本でも、もしかするとEMBAプログラムは増えてくるかもしれません。そんな中、何故わざわざ高額な授業料と交通費(や滞在費)を払って海外のプログラムに通う必要があるのか?という議論も出てくるでしょう。
現に国内のMBAに関しては、英語でオファーされているプログラムも数校あり、海外に留学するよりも割安でクオリティーの高い学びを得ることが可能なので、このような何故海外?というような議論は常にあるかと思います。

確かに、海外トップスクールのEMBAは全ての方々にお勧めでないことは確かです。経営知識を得ることや、単純に日本だけで出世したいというような動機ですと、勿論入学することが難しいばかりか、投資する高額な学費、交通費(や滞在費)そして時間を回収することはEMBAでは難しいかもしれません。
以前にも簡単に書かせていただいてはいますが、海外トップスクールのEMBAがお勧めなのはこんな方です:

- 現在の会社でミドルマネージメントで、近々グローバルなシニア・マネージメント層になる予定の方
- 企業の経営者(や経営陣)で、会社のグローバル化を促進したい方
- グローバルなネットワークを必要とする個人投資家やVC経営者、またはエンジェル
- 海外駐在、在住中でその地域だけでなくグロバールなネットワークを広げたい方

この辺りの方々がキャンディデートとしては王道ですが、EMBAはこんな方にもお勧めです。

- 現在の勤務先で同僚よりも早いペースで出世しマネージメント層になったが、スキルやネットワークが特殊で他社へ応用可能でなく、転職のマーケットで評価してもらえない方
- MBAを持っていないシリアル・アントレプレナー
- 医師の方でグローバルなマネージメントを学び、活動の幅を広げたい方
- 引退したプロ・アスリートで今後グローバルなビジネスをしたい方(大卒が好ましいです)

など、勿論経歴はそれぞれ異なるかと思いますが、EMBAを目指される方に共通の目標としてあるのは、「グローバル」なエグゼクティブになるというキーワードではないかと思います。
海外経験のない方になると、受験だけでなく卒業するのも大変、しかも学校に行くための資金を拠出するのも苦労がいるEMBAですが、「真のグローバル」エグゼクティブを目指す方には間違いなくEMBAは最高のプログラムです。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBA受験にスクールビジットは必要か?

フルタイムMBAの受験の際には合格するためにはほぼ必須と言われているスクール・ビジットですが、EMBA受験ではどうでしょうか?答えは、「した方が良い」ということになると思います。当然ですが、スクールビジットをすることで合格できるわけではありませんが合格の可能性を上げることができます。合否とは別に、どの学校に行こうか迷っているときに一度授業の様子、生徒や教授の質を確認しておくのは入学して後悔しないためにも必要でしょう。

受験においては例えば、こんなケース: 似たようなスペックのキャンディデート(人種、学歴、職歴において)が2人いたとします。どちらかを合格させたい、どちらかを落とさなければならない…そんな時、片方はスクールビジットをしてアドミッションメンバーも話したことがあり大体英語力はわかっているし入学への熱意もあった、もう片方はスクールビジットはしておらずアドミッションメンバーには会ったことがない…写真を見る限り感じは悪くないけど…、というような場合、当然ですが、スクールビジットをしていたキャンディデートが有利です。恐らく合格するのはビジットをした方でしょう。

EMBAのスクールビジットをする場合は、ある程度、意味のあるビジットをするために、ただ行ってみるのではなく事前に以下の項目を確認する必要があるかと思います。
1.メインキャンパスはどこか?(ジョイント・プログラムもあります)どこにビジットするのが良いのか?
2.アドミッションメンバーはビジットするキャンパスにいるのか?
3.説明会や公開授業はいつどこでやっているのか?
4.在校生と話す機会はあるのか?
アドミッションオフィスから卒業生を紹介してもらったり、自分のネットワークを駆使して卒業生を探すなど、キャンパスビジットをする前にその学校のある程度正しい情報収集を試みるのが効果的です。

シカゴブースEMBAの場合、香港キャンパスを受験する場合はまずは香港にビジットし学校や授業を見るのが一番良いでしょう。Kellogg-HKUST EMBAに関しても、プログラムの多くの授業は香港での開催となりますので、香港のHKUSTに見に行くのが良いでしょう。
日本からEMBAに通う場合、学校にもよりますが月1回か2回または2-3か月に1回のペースで飛行機で授業に通うことになります。スクールビジットをしてアドミッション・メンバーに会っておけば「このキャンディデートは、日本から通うのも特に問題なさそうだな」と思ってもらえる可能性が高くなるなるでしょう。勿論、最初にも書きましたが、スクールビジットをすれば合格できるわけではありませんが、した方が合格する可能性は上がるでしょうし、自分にとってもためになるのではないでしょうか。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBA紹介② Kellogg-HKUST Executive MBA Program (2/22 updated)

Kellogg-HKUST Executive MBA Program
(Northwestern UniversityのビジネススクールであるKelloggとHong Kong University of Science and Technology のHKUSTビジネススクール、2校のジョイントEMBAプログラム)

facilities-hero6_mini.jpg


URL: http://emba.ust.hk/

プログラム開始時期: 1月
期間: 18か月間。(→詳しいスケジュールは、こちらを参照
通学フォーマット: 基本的に1ヶ月に金、土、日のオンキャンパスでの授業が2回の計6日間。
キャンパス: ベースは香港だが、KelloggのあるシカゴやKelloggがジョイントでプログラムをオファーしているTel AvivやToronto、などの場所でも授業がある。
クラスのサイズ: 約50人
学生の平均就業年数: 14年
学生の平均年齢: 37歳
学生の国籍: 55%がアジア以外、22%が中国、香港以外のアジア人、14%が香港、9%が中国
男女比率: 8:2(ここ最近の女性比率は30%程度)
卒業後に取得できる学位: Master of Business Administration degree issued jointly by Northwestern University and HKUST. 卒業生は、KelloggとHKUSTの2校の卒業生になれます。
学費:HKD1,205,000 若しくは、USD155,000 (2015-2016年度)
学費に含まれるのは、18か月の授業料、授業に使う全ての本と資料、HKUSTで行われる授業の際の滞在費(最初の授業は学生寮、その後の授業は5スターホテルが学校からアレンジされます)や食事代などが含まれています。
受験に関して: 基本的に10年以上の職務経験が必要且つ、現在の勤務先からのスポンサーシップかサポートが必要となります。
受験は、オンラインでのアプリケーションの他に、2通の推薦書、勤務先からのサポートレター、英語圏以外の大学卒の方に関してはIELTSかTOEFLのスコア、名刺1枚を提出します。

特徴: Financial TimesのEMBAランキングで去年までずっと1位を独走し続けていたアジアでは最も知名度の高いEMBAプログラム。EMBAと言えばこのプログラムと言われるほどアジアでは圧倒的に知名度が高い。日本人もコンスタントに毎年数人通っており、卒業生の平均給与は年収3,000万円以上、そしてクラスメートの半分近くか年によってはそれ以上がCEO/MD/Founderなどの企業のトップマネージメントとまさにエグゼクティブのためのプログラムと言えるだろう。Kelloggの他のジョイントプログラムとの交流も盛んで、ネットワーキングの機会は恐らく他のスクールよりも圧倒的に豊富だろう。18か月間のプログラムが非常に良くできており、チーミングに関してはとにかく最高とのコメントもある。
1か月に2回、週末を挟んで授業というスタイルを取っているため、日本で仕事をしながら通う場合、金曜の朝に東京→香港に移動、金曜(午後)→日曜まで授業、日曜の夜授業終了後に香港→東京というフライトスケジュールならば通常授業月は2日間しか休まなくて済むのでかなりハードなスケジュールではあるが、職場への負担がシカゴ大学などに比べると軽くすむ。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBA紹介⑥ NUS Asia-Pacific Executive MBA

NUS Asia-Pacific Executive MBA
(National University of SingaporeのNUS Business Schoolが運営するEMBAプログラム)


logo_nusbiz-color.png

URL: http://apexe.nus.edu/

プログラム開始時期: 6月
期間: 15か月間。会社を休む必要がある日数は合計約12週間
通学フォーマット: 3-4か月おきに、2週間連続での授業。(→スケジュール
キャンパス: メインキャンパスはシンガポール。通学場所は、シンガポール、ジャカルタ、デリー、東京、上海、ベトナムなど(2014年入学の場合)
学生の平均就業年数: 16年
学生の平均年齢: 40歳
学生の国籍: 約40%がシンガポールから、13%がヨーロッパ、35%がシンガポール以外のアジアとなっています。
卒業後に取得できる学位: Master of Business Administration がNational University of Singaporeから発行されます。
学費: SGD 95,000 (2014年入学の学生)
学費に含まれるのは、授業料、授業に使う全ての本と資料、授業期間の軽食や食事代などです。
受験に関して: アドミッションに関してのクライテリアは、まずは大学の学位を持っている事、10年以上の職務経験、そして現在マネージメントのポジションに就いている事です。アプリケーション・プロセスは、オンラインにて登録、個人情報、エッセイ(2通)、推薦状(2通)、学部の卒業証書、2通のパスポートサイズ写真、パスポートの写真ページを提出し、アドミッションオフィスから連絡があればインタビューに進みます。インタビューは、オンサイト、オフサイト両方とも可能なようです。

特徴: 2014/2015のQS World University RankingでアジアNo.1となったNational University of Singapore(NUS)が運営するEMBAプログラム。15か月間という短い間に、シンガポールをベースにアジアの主要都市(珍しく東京も含まれています)を回りながら学ぶ、アジアの現状を学ぶには最高のプログラム。授業は、1度に2週間連続でシンガポールとその他の都市に移動が必要。非常にハードなスケジュールとなっているが、ネットワーキングの観点からクラスメートとは強い繋がりを持つことができるカリキュラムとなっている。日本人もコンスタントに入学しているこのプログラムは、シンガポールを含めアジアでのネットワークを広めたい方には非常にお勧めのプログラム。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

MBA受験とEMBA受験の違い

20代の学生が90%を占めるトップスクールのフルタイムMBAプログラムと、平均年齢が30代後半というEMBAプログラム。受験に関してのプロセスも大分違います。

以下のPoets and Quants (for Executives) の記事はEMBAに関して、どんなキャンディデートが求められているのか?受験のプロセスはどんな感じなのか?どのプログラムが適しているのか?というような事について書かれています。
↓↓
How To Get Into An Elite EMBA Program

さて、本題のフルタイムMBAプログラムとEMBAプログラムの受験の違いですが、受験に置いてアドミッション・メンバーが重視するポイントを簡単にまとめると以下のようになると思います。

フルタイムMBA:
-学校の成績やGMATのスコア
-Undergradの学校や学部(数字に強いかetc...)
-現在の勤務先
-将来リーダーになる資質があるか

EMBA:
-現在の職責。既にリーダーか?(組織において、どれ位の規模のマネージメントをしているのか?)
-これまで仕事に置いてどのようなキャリアを歩み、どのように成果を上げてきたのか
-次のステップはDirectorかCEOか?それとも?
-どれ位の資金力があるか

このように、EMBAの受験に問われているのは、学歴やスコアがメインではなく(勿論全く問われていないわけではありません。最低限は必ず必要です)仕事においての責任や成功の度合いだと言えます。
How To Get Into An Elite EMBA Programの記事の中で、「40後半や50代でEMBAは遅すぎますか?」という質問があり、それに対して、「全く遅くないです」というような解答がされています。確かに、勉強に関しては大変かもしれませんが、EMBAには40代、50代の学生が存在します。自分がシカゴの通っていた時には、クラスメートで50代後半で金融機関の社長というプロフィールの方がいました。
このようにEMBA受験というのは、フルタイムMBAの受験のようにスコアを追求するスタイルではなく、自分の経験を徹底的に見つめなおし、現実的な観点でこれからリーダーとしてどうするのか?という部分をレジュメやエッセイで伝える必要があると言えます。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBA紹介⑤ TRIUM Global Executive MBA

TRIUM Global Executive MBA
(NYU Stern, LSE, HECの3校が運営するジョイントEMBAプログラム)


logo000.png

URL: http://www.triumemba.org/

プログラム開始時期: 9月
期間: 17か月間。会社を休む必要がある日数は約合計10週間
通学フォーマット: 3-4か月おきに、2週間弱連続での授業。
キャンパス: 通学場所は、順番にロンドン、ニューヨーク、上海、パリ、チェンマイ、パリ(2017年卒業の場合)
クラスのサイズ: 約65人
学生の平均就業年数: 15年
学生の平均年齢: 40歳
学生の国籍: 約30か国の生徒が参加。48%がヨーロッパから、アジアからは18%です。
卒業後に取得できる学位: Master of Business Administration がTRIUMから発行されます。3校から承認された学位となります。TRIUMの卒業生は、TRIUMのAlumniとなりますが、同時に3校のAlumniネットワークにも加入できます。
学費: USD 165,900 (2017年卒業の学生)
学費に含まれるのは、授業料、授業に使う全ての本と資料、上海とチェンマイでの宿泊費、iPAD、イベントなどでの食事代などです
受験に関して: アドミッションに関してのクライテリアは、10年以上の職務経験、国際的な経験、シニアマネージメントであること等が書かれております。このような要件を満たすキャンディデートは、レジュメ、エッセイ、推薦状、会社からのサポートレター、大学の卒業証書、TOEFL、GMAT(職務経験が15年未満の場合)等を提出し、最終的にはアドミッションメンバーとの面接があります。面接は、電話、スカイプ、対面のどれかを選べます。


特徴: 2014年のファイナンシャル・タイムスEMBAランキングで1位となった、3校合同で運営されているEMBAプログラム。London School of Economics (LSE)にてどちらかというとSocio-economics系の科目とファイナンスやアカウンティングの基礎からスタートし、NYU Sternにて戦略やさらに深くエグゼクティブに必要とされるファイナンスやアカウンティングのテクニカルな部分を学ぶ。その後、アジア(上海やチェンマイ)にてエマージングマーケットについて、HECでは、マーケティングや企業戦略、最後に、HECにてリーダーシップ等を学び卒業となる。プログラム中に、ヨーロッパ、アメリカ、中国やインドなどという世界各地(主に中心都市)を移動しながら学ぶまさにグローバルなエグゼクティブに相応しいプログラム。平均年齢も40歳と他のプログラムと比べると若干高め。卒業後は、3校のAlumniネットワークにアクセスできるので、グローバルな視点でネットワークを構築したい人には非常にお勧めなプログラム。世界各国へ旅しなければいけないので、楽ではないが、授業は3か月から4か月に1度で、その他は自宅やオンラインでの学習や自習となるため日本からでも通学は十分可能な範囲である。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBA受験を考えている方にお勧めの本

The Best Business Schools' Admissions Secrets: A Former Harvard Business School Admissions Board Member Reveals the Insider Keys to Getting InThe Best Business Schools' Admissions Secrets: A Former Harvard Business School Admissions Board Member Reveals the Insider Keys to Getting In
(2014/08/05)
Chioma Isiadinso

商品詳細を見る


この"The Best Business Shools' Admissions Secrets"という本ですが、EMBA受験をする前に読むことをお勧めします。
この著者の方は、HBSのアドミッションのメンバーだったようで、トップスクールに入るためにアドミッションがどのようなクライテリアを重視するかというのが、アドミッションの視点で書かれています。書かれている内容の対象はフルタイムMBAのアドミッションについてですが、ビジネススクールがどのような人材を求めているかという部分が多くのケースでEMBAにも共通しており、MBA受験は一体どんなものなのか?という部分が非常にクリアになります。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジョイント・プログラムに関しての考察

Financial TimesのEMBAランキングでも上位を占める2校以上が共同でプログラムを運営するジョイント・プログラムですが
ジョイント・プログラムのメリットは何でしょう?

ジョイント・プログラムの中でも多いスタイルがアメリカのスクールとアジア(香港、シンガポール、中国)のスクールとのジョイントでしょう。
ランキングでも常に上位に入っていて有名なのは、
UCLA - NUS Executive MBA (シンガポールとアメリカ)
Tsinghua - INSEAD EMBA (中国とシンガポール/フランス)
Kellogg - HKUST (アメリカと香港)
EMBA Global Asia (Columbia, LBS, HKUのジョイントでアメリカ、イギリス、香港)
あたりの4つのプログラムでしょう。
更にKelloggに関しては、新しく北京大学のGuanghua School of Managementとのジョイント・プログラム、Kellogg - Guanghua EMBAというプログラムもスタートしています。

このような欧米とアジアのジョイント・プログラムは多いですが以下のようなメリットがあります。

1.講義やディスカッションの際に欧米から、アジアからというワンサイドの視点だけでなく両方からの幅広い視点で学ぶことができる。殆どのジョイント・プログラムでは両校の教授から学ぶことができます。

2.EMBAの中で高いウェイトを占めるネットワーキングの機会が増える。ジョイント・プログラムは、卒業すると両方(3校のジョイントの場合は3校全て)のAlumniとして登録できるケースが多いです。

3.プログラムによっては、2年弱の期間で2校からMBAの学位を取得できる。(例えば、UCLA - NUS)

グローバルな視点で学びたい、ネットワークが欲しいという方にはジョイント・プログラムはお勧めです。企業派遣を検討するのにも非常に良いのかなという気がします。

同時にジョイント・プログラムを検討する際に注意すべきこと、それはやはり長期的に「ジョイント解消」の危機がないかという部分です。数年前に、Columbia - UC Berkeleyの2校はジョイントEMBAプログラムを運営していましたが、2013年でこのジョイントを解消しています。

記事↓↓
Berkeley-Columbia Executive MBA Program to Close in 2013

記事によると、2002年から始まったこのプログラムには600人程の卒業生がいるようですが、母校がなくなってしまうというのはただ寂しいだけでなく、卒業生ネットワークの広がりがストップする事を意味します。やはり学校選びの際に、このプログラムは長期的に本当に需要があるのか?自分に取ってどのようなメリットあるのか?という部分もある程度は考える必要があるのかもしれません。
勿論、学んだ内容に関してその知識が消え去ることはないので、学校に行って失敗したということにはならないはずです。

ちなみにですが、このプログラムでは19か月でColumbiaとUC Berkeley両校からそれぞれのMBAが授与されていました。ですので、ジョイント解消に伴ってどっちかのMBAをギブアップする必要等はなかったようです。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

EMBA紹介④ INSEAD Global Executive MBA

INSEAD Global Executive MBA
(INSEADが単体で運営しているエグゼクティブMBAプログラム)


logoin.jpg

img64.jpg

URL: http://global.emba.insead.edu/

プログラム開始時期: ヨーロッパセクションは11月、アジアセクションは8月、ミドルイーストセクションは10月
期間: 14-17か月間。(スケジュールは各エリアのセクションによって少しずつ異なります)
通学フォーマット: 各セクションによって多少異なりますが、毎1ヶ月~2ヶ月のスパンで連続5日間~7日間の授業を各キャンパスで受講
キャンパス: フォンテンブロウ、シンガポール、アブダビの3ヶ所のうちのどれか。
クラスのサイズ: 全キャンパスで1学年160人
学生の平均就業年数: 13年
学生の平均年齢: 37歳
学生の国籍: 約50か国の生徒が参加。学生の国籍に関してのダイバーシティーはフルタイムプログラムと同様にかなり気を使っているようです。
男女比率: 8:2
卒業後に取得できる学位: Master of Business Administration がINSEADから発行されます。
学費: アジアセクションは、SGD169,000、ヨーロッパセクションは€102,000、ミドルイーストセクションはUSD110,000
学費に含まれるのは、授業料、授業に使う全ての本と資料、イベントなどでの食事代などです。各キャンパスへの移動交通費、ホテル代などは含まれていません。
受験に関して: INSEADが提唱する、4つのクライテリア、Leadership Experience, Academic Background, International Outlook, Personal Contributionの中でINSEADにフィットすると考えられている人材が求められています。3-5年の管理職経験が好ましいというのと、学生の平均勤務経験は13年なので、そのあたりを参考にする必要があります。
受験は、オンラインでのアプリケーションに、2通の推薦書、エッセイ(2014年度は6つのエッセイ)、GMATのスコア、英語関連のテスト(TOEFLやTOEICも可)、トランスクリプト等を提出。合格後に、会社からのサポートレターを提出します。

特徴: 世界で一番規模の大きいビジネススクールであるINSEADのエグゼクティブMBAプログラム。アジアキャンパスには日本人も数人通っている実績がある。ダイバーシティーに関しては非常に評価が高く、アジアセクションを選んでもグローバルなネットワークを求めている方には世界中の人達とネットワーキングが出来るので非常にお勧めと言える。受験者は全員GMATを受けなければいけないが、フルタイムのような高得点を取る必要はないので頑張れば何とかなるレベルであるだろう。日本から通うのであれば、やはりアジアセクションを選びシンガポールキャンパスに通うというのが現実的。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。