FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移動のお知らせ

この度、ブログを移動しました。(同時にタイトルも変更しております)

今後は、以下のリンクから宜しくお願い致します。

↓↓↓
http://embaguide.hatenablog.com/

Facebookのページも引き続き宜しくお願い致します。
↓↓↓
https://www.facebook.com/executivembaguide/
スポンサーサイト

社長がEMBAに行くメリット

ビジネススクールやMBAというのは、社長になりたいと思う人が行くところだと考えられています。
確かにフルタイムのプログラムではクラスメートに社長の跡取りはいても
すでに数百人の企業を経営する現役の社長なんていう人はなかなかいないのではないかと思います。
(そもそもそんな人、年齢は置いといて、2年間フルタイムに通うのは難しいですよね。)

しかし、EMBAになってくるとクラスに数人(若しくは数%)の割合で創業社長が通っています。
それもアジアの場合ですと数百人規模の会社を経営している現役社長が通っていたりします。
現に、自分が通っていたChicago BoothのEMBAプログラム、シンガポールキャンパス(現在は、香港キャンパス)にも、
クラスメートの中に実際に現役社長が数人いました。
会社をトップとして経営しながら、さらに学校に通い勉強する、そこにはどんなメリットがあるのでしょうか?

実際に創業社長で、物凄く忙しい中にもかかわらず、EMBAに通い勉強された方がおっしゃるには、
EMBAには大きく2つのメリットがあったようです。
1つは、勉強で得た知識を使って納得しながら事業を進めることができるという点だそうです。
実際に事業を行う中で、MBAで学ぶ大枠の様々なフレームワークは役立つことが多いとのことでした。
そして、2つ目はネットワークだったようです。例えば、自分の事業を新しい国に展開しようとしたとき、
クラスがDiversityに富んでいたため、クラスメートに相談したり、
場合によってはクラスメートを採用したりなんてことも将来的にありえるかもしれないとのことでした。

更に他の社長にもEMBAに通ったメリットを聞いたところ、最初の方と殆ど同じ意見に加え
社長は、社内で意外と孤独なので社外の色んな意見が欲しくなるときがある、
そんな時に、MBAで一緒に学んだクラスメートや卒業生などの意見が役に立つことがある。
や、その他にMBAでの学びから新規事業のアイディアをつかみ取ることができたとのことでした。

会社員として勤務しながらEMBAに通うのも相当ハードですが、
社長として会社を経営しながらEMBAに通うのは更にハードなのは間違いありません。
EMBAにはこのような意識の高い実際の経営者が通っている事もあります。

EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

EMBAプログラムにおける2つのタイプ

世界中にあるエグゼクティブMBA(EMBA)プログラムですが、大きく分けるとプログラムの中身は2つのタイプに分かれるのかなと思います。基本的に多くのプログラムで共通しているのは、入学する学生はフルタイム・プログラムより年齢層は高く、職務年数は長い(EMBA Councilによると、世界中のEMBAプログラムに入学する学生の平均年齢は37.5歳で、平均勤務年数は13.7年とのこと)ということですが、その中でも、1)リーダーシップや企業訪問、そしてネットワーキングなどのビジネスエデュケーションに優れているグローバルなプログラムと、2)とにかく学問の方にフォーカスしたプログラムとに分かれるように思います。

1)ビジネスエデュケーションに優れたプログラム
UCLA - NUS や TRIUMなどのEMBAプログラムがこれに該当するように思います。学生も比較的マチュアでプログラム中にネットワーキングの機会が豊富にあったり企業とのプロジェクトがあったりと、もちろん基本的なビジネススクールの勉強はするのですが、それ以上に各マーケットやインダストリーに特化した学びも得ることができる、フルタイムとは違った経験ができるプログラムがこれに該当します。受験に関しては、GMATや試験の点数よりも、キャリアのトラックレコードを重視した試験をするスクールが多いようです。

2)とにかくアカデミック・フォーカスなプログラム
WhartonやChicago Boothなどの、フルタイムと同じ学位を出すEMBAプログラムがこれに該当します。EMBAだからと言ってインダストリーやマーケットに関してのスタディーが少なく、とにかくフルタイムと同じ学位を出すということで、勉強漬けにさせられるのがこれらのプログラムの特徴です。これらのプログラムは受験の際にGMATのスコアを必須としているところが比較的多いです。

実際のビジネスにどちらが役立つのか?というとこれまた意見がわかれるところではあるかと思いますが、EMBAは自分のニーズに合った正しいプログラムを選ぶ必要があります。

EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

日本からでも通学可能なアメリカのプログラム

以前、日本からも通学可能なEMBAプログラムということで、アジアやヨーロッパのプログラムを中心にリストアップさせていただきましたが、今日は日本に住んで仕事をしながらでも通学可能でフルタイムと全く一緒のMBAの学位が取得可能なアメリカのトップスクールのプログラムをいくつかリストアップしてみたいと思います。

1.Wharton EMBA Program - San Francisco Stream
Wharton のMBAがサンフランシスコで取得できるこのプログラム。1ヶ月に2回から3回(週末が中心)サンフランシスコキャンパスに通う必要があるが、アジアから飛行機に乗って通っている学生も数人程度いる。入学するにはGMATやTOEFLが必要でフルタイムと同じようなRequirementを課しているこの過酷なプログラム。授業は週末中心なので、飛行機での移動が苦痛にならないエグゼクティブには十分通学可能なプログラム。

2.UC Berkeley Haas School of Business - Berkeley MBA for Executives program
アジアで知名度の高いUCバークレーのEMBAプログラム。卒業後は、Whartonと同様にフルタイムと一緒の学位が授与される。こちらのプログラムも1ヶ月に1回~2回キャンパスに通う必要があるが、学費US$159,000の中には、ホテル滞在費も含まれているため授業の度にホテルを探す必要がないので勉強に集中できる。こちらのプログラムも入学に際し、GMATやTOEFLは必須となっている。

3.Duke University Fuqua School of Business - Global Executive MBA
Appleのティム・クックCEOも卒業しているDukeのMBAプログラム。このGlobal Executive MBAの授業は対面とオンラインのミックス。授業は、約3か月に一回約2週間の授業を様々なロケーションで受講するというスタイル。その他の時間は自習やオンラインでの学習。こちらのプログラムも学費の中に、滞在費(ホテル代)が含まれている様子。卒業後は、DUKEのMBAの学位が授与される。

4.The University of Chicago Booth School of Business - EMBA program
このブログの著者も通ったシカゴ大学のEMBAプログラム。キャンパスがシカゴだけでなく、香港やロンドンにもありフルタイムと全く同じMBAの学位が取得できるプログラム。日本から通うとなれば香港キャンパスが一番近くて現実的だろう。日本人も毎年コンスタントに入学しているので、説明会も年に数回日本で開催されている。キャンディデートのプロフィールによってはGMATやTOEFLを受ける必要がある場合もある。

5.UCLA NUS Executive MBA Program
このプログラムは、アメリカのUCLAとシンガポールのNUSとのジョイントプログラムだが、卒業後は両校のMBAの学位をもらえるということでこちらにリストアップ。プログラムの半分をシンガポールで、残り半分をUCLAでというようにわかれており、日本人の入学者も毎年1~2人はいるようだ。


EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

ビジネススクール・ランキングに関して

先日US Newsの2015年Executive MBA Rankingが発表されました。
ランキングは以下↓↓
Best Business Schools 2015 (Executive MBA)

毎年のようにメディアで発表されるこういったビジネススクールランキングですが、以前にも書いていますが、(EMBAランキング)ランキングを見る際は同時に必ずそのMethodologyを確認する必要があります。要は、何故そのようなランキングになっているか?という部分です。

日本では大学は、主に入学試験の難易度(偏差値)や知名度で良し悪しが判断されるケースが多いですが、欧米のビジネススクールランキングに関しては、通った学生の評価、平均給与、卒業後の就職率、卒業後の給与の増加率、学生のDiversity、教授陣の質などのデータが総合的に数値化されランキングに落とし込まれているケースが殆どです。よって、昨年トップ10に入っていたスクールが、評価を落としてしまいトップ10圏外に落ちてしまったということもありえます。これは、学校の実際のカリキュラムの中身がリアルタイムにランキングに落とし込まれているとも言えるかも知れません。しかし、冷静に考えてみると、その学校の評判が1年経ってランクを10位も落とすなんてことはありえるでしょうか? ランキングがどんな順位だろうと、ある年の卒業生の就職率が少し悪かろうと日本ではHarvard Business Schoolがビジネススクールの中でトップだと思っている方が殆どです。
Poets & Quants for Executivesの記事では、ランキングに踊らされる必要はないと言い切っています。(特に今回のUS Newsのランキング)。

確かにランキングの種類によっては、日本人にとって日本での知名度などを考えた場合あまりあてにならないランキングもあります。EMBAに関していえば勿論学校の知名度は重要ですが、プログラムのフォーマットやカリキュラムなど学校によって非常に多種多様です。よって、ランキングという同じフレームワークで評価していいのかどうかという疑問が少々残ります。ランキングは、その年のデータ、そして学校の評判はあくまでも評判で両者は別物と考えるとしっくりくるかもしれません。なので、ビジネススクールのランキングを見る際はどのようなデータに基づいてランキングが出されているのかしっかり確認することをお勧め致します。



「日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド」では、EMBA出願コンサルティングなどのサービスを提供しています。
トップスクールのEMBAプログラム受験を考えていらっしゃる方、ご相談のある方はまずは下記のEmail Addressまでご連絡下さい。
↓↓
embaguide@gmail.com


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。